#7 ハーフというだけで親近感が湧く話


エピソード7の今回はハーフに感じる親近感について。
興味のない競技であっても日本人が世界大会に出ると応援したくなるように
ハーフというアイデンティティを持っている人には特別親近感を感じ応援をしたくなる。
もしかしたら2つの国にプラスして『ハーフ』というアイデンティティも持ち合わせているのかもしれません。

日系ブラジル人のサミーとジョージが、多様性を日常の視点からゆるく雑談するポッドキャスト、「境界線上に生きる」のエピソードをまとめています。文化の違いやアイデンティなどを、様々な観点から配信中です。

Send your comment

Your email address will not be published.

Previous Story

#6 ブラジル人は全員陽キャ!?

Next Story

#8 リスナーに名前を付けちゃう

Latest from Podcast

#79 パターンからの逸脱

僕たちは様々なパターン(規則)の中で生きてる。どんなにパターンから逸脱しようとしても、無意識のうちに何かのパターンに入り込んでく。 「言葉に支配されている」僕たち人間は、人間として普通に生きている限り

#62 お題提供「おにぎりのような海外の食べ物」

ボーダーネーム「多忙なカビゴン」さんからのお題提供です。 ありがとうございます! おにぎりのような食べ物が海外にもあるのか?という シンプルなお題でしたが、おにぎりについて考えれば考えるほど 唯一無二

#61 お題「エタノールvsガソリン車」

お題提供「早朝のニワトリ」さんいつもありがとうございます! 今回のテーマに関してはお互い知識がなさすぎて、グダグダになってしまいました。。 なんとか話にオチをつけようと奮闘する二人を静かに見守ってくだ

#43 外人という言い方に物申す

日本で生活をしていて「外国人」ではなく、「外人」と言われることは日常茶飯事です。 しかし、「外人」という言葉には差別的な意味合いも多分に含んで含んでいるということを 今一度考える必要があると思います。